ソマリ〜ず ブラザーず

ソマリの仲良し兄弟のブログです。

男前ブラザーズ


 自分でタイトルを付けといて、

いやなんとも気恥ずかしいです。

f:id:marimaritan:20180717010523j:plain

ネタがないので勘弁して下さい。


ベルとマルを見た人が言うのは、


「男前ですね〜。」


最初は、お世辞か?と勘ぐるのですが、

目が大きいですね。

鼻が高いですね。


と具体的に褒められると、


こちらもその気になります。


では、検証していきます。

f:id:marimaritan:20180717004844j:plain

横顔のマルです。

確かに鼻筋が通っています。


f:id:marimaritan:20180717005043j:plain

目は大きいですが、

どちらかというと吊り目ですね。


次はベルです。

f:id:marimaritan:20180717005247j:plain

ベルも鼻筋は通っていますが、

マルよりかは団子鼻のような気が?


f:id:marimaritan:20180717005500j:plain

 目もマルよりかは

垂れ目のような?


本当の兄弟なので、

顔は似ていて当たり前ですが、

ベルの方が丸顔で、

どちらかというと愛嬌のある顔です。


ということで、検証終わります。


f:id:marimaritan:20180717010155j:plain

ソマリ 特徴とは

このブログを読んで頂いて、

ソマリという猫種に

興味を持たれた方も

おられると思います。


様々な猫種がある中で、

この猫はソマリだ!と

区別できる特徴をあげていきます。


①額のM印


f:id:marimaritan:20180713002139j:plain



②首の飾り毛

f:id:marimaritan:20180713002548j:plain


マルの場合は、ベルに比べると

フサフサ感が足りなくて、

ちょっと首周りが寂しいです。


③キツネのような尻尾

マルの場合

f:id:marimaritan:20180713002829j:plain

ベルの場合

f:id:marimaritan:20180713002928j:plain


ベルの方がよりフサフサしていて

キツネの尻尾に近いですね。


f:id:marimaritan:20180713004645j:plain


犬に比べると、猫の方が

パッと見、

種類が区別しにくいかもしれません。


私は「ソマリ」という3文字の

シンプルな名前が好きです。


今日は被写体として、

マルにご協力頂きました。

ベルのマル化

f:id:marimaritan:20180710232917j:plain

 完全にアレルギーの薬を  

断薬してから、早いもので

半年以上が経過しました。


この半年の間に、

ベルの行動は、随分と変化しました。


すっかり元気になり、

あれ、今のはマルじゃなくて

ベルか?ということが

よく起こります。

f:id:marimaritan:20180710233459j:plain

まず動作が速くなりました。

側を駆け抜けて行くのは、

本来ならマルしかいませんでした。


最近は、振り返るとベルの

お尻が見えます。


こんなに速く走れたんだね。

意外や意外。

f:id:marimaritan:20180710233903j:plain


ベルはマルに比べて、

小さな頃からあまり私の側には

寄って来ませんでした。


どちらかというと、

独りの空間を楽しんでいる

ようにみえました。


ところが、最近寝てると、

私の身体に密着してくるのは、

決まってベルです。


甘えん坊はマルの専売特許でしたが、

最近は、ベルの方が常に私の

側に寄り添うようになりました。


しかも時折、乙女な声で

話しかけてきます。


マルがベルに遠慮して、

私に近づいてくる回数が

かなり減りました。


f:id:marimaritan:20180710234358j:plain


今はまるでマルソックリの

双子のようです。


あれだけ性質が違うと感じてた

ブラザーズですが、

何故か瓜二つに変わりました。


ああ、ビビリ度だけは、

マルのがかなり上ですが。


家の中に赤ちゃんが増えました。

f:id:marimaritan:20180710235442j:plain

ソマリとアレルギー

f:id:marimaritan:20180708233229j:plain

 あれだけ治らない、治らないと

悩み続けたベルの顔の皮膚疾患ですが、 

最近になってすっかり綺麗になりました。


理由は不明です。


兎肉の食事療法でも、

ベルの目の周りだけは、

皮膚疾患が残っていたんですが、

いつのまにか目ヤニも

なくなりました。

f:id:marimaritan:20180708235956j:plain

7月に入ってからの変化です。


気候と関係あるのかないのかも

分かりません。


ただ首を傾げるばかりです。

特に生活上変えたことはありません。


強いて言えば、兎肉の中に

新しいサプリメントとして、

猫用の乳酸菌を混ぜて

与えるようになったくらいです。


これまでも様々なサプリメント

試してきてダメだったので、

このサプリメントがいきなり効果を

発揮したとは考え難いですが、

今のところは結果オーライですね。


ブラザーズがアレルギーを発症してから、

猫のアレルギーについての情報を

収集しまくりました。


調べていくうちに、ソマリは

皮膚疾患になりやすい種類の猫で

あるのかな、という印象を持ちました。

f:id:marimaritan:20180709001204j:plain

我が家だけでなく、猫を飼っていて

アレルギーに悩んでいる方は

おられると思います。


このブログがこれからも

少しでもお役に立てれば 

良いなと考えています。


ベルは最近絶好調で、

毎日マルと運動会です。

仲が良いのは、美しいことです。

ちよっとベタベタしすぎですが、ね。


f:id:marimaritan:20180709001957j:plain



ソマリとブラッシング

f:id:marimaritan:20180705232334j:plain


ソマリは言わずと知れた

長毛ですので、

ブラッシングしないと

家中毛が舞って、


果ては、目の中に毛が入り、

アイタタ、とこちらが

悲惨な目にあいます。


という事で、たまには時間を

かけて徹底的にブラッシングを 

することにしました。


すると‥


f:id:marimaritan:20180705232953j:plain


ちょっとやり過ぎました。

ブラッシング大好きなベルですが、

これはたまらん、と、

ハウスしてしまいました。


物珍しそうに見てますが。


f:id:marimaritan:20180705233311j:plain

ブラッシングを

ちょっとサボっていると、

この通り、大収穫です。


不思議なことに、

ベルには毛玉がありません。


ブラッシングが死ぬ程

嫌いなマルは‥


f:id:marimaritan:20180705234051j:plain

捕まらないように、

 遠巻きに見てました。

サッカー観戦を妨害する大暴れの夜

f:id:marimaritan:20180704171147j:plain

 ついに日本のワールドカップは

終焉を迎えてしまいました。


観ている私がこれだけ寂しさと

悔しさを感じるのだから、


当時者のプレイヤーの気持ちを

思うとお疲れ様でした、と

ただただ感謝したいです。


ブラザーズといえば、

ワールドカップ観戦中に

まあ暴れる、暴れる。


f:id:marimaritan:20180704235423j:plain


邪魔‼︎(プラックペアン風に)


f:id:marimaritan:20180704235819j:plain

 

ほほー、シカトですか。

f:id:marimaritan:20180705000414j:plain


何してるのかなー

お気に入りのお家

壊さないでね。



もしかして、私の奇声のような

歓声に誘発されて、

真夜中の運動会に発展したのかな?


f:id:marimaritan:20180705000949j:plain

はいはい、結局全て

私が悪いんです。


ある日の晩餐

といっても、今日は色々と

用事に走り回ってから、

帰ってウサギ肉のストックを

作ったので、夕食は手抜きの

冷食パスタです。


マルがテーブルの上に座って、

じーと食べている姿を

観察しています。

f:id:marimaritan:20180629202329j:plain


さて、何でしょうね。

マルが食べてはいけないけど

大好きなチーズパスタですよ。

f:id:marimaritan:20180629202515j:plain


そうそう、食べるものですよ。

不思議そうに、右に左に

首を傾げています。

f:id:marimaritan:20180629202656j:plain


マル、近い、近い。


マルは自分のご飯食べたとこでしょ。


この後、マルに手パンチされました。